川口・さいたまのホームページ製作 川口・さいたまのホームページ制作会社関東ダイイチへ問い合わせる 埼玉県川口市のホームページ制作会社関東ダイイチへ電話する さいたま・川口のホームページ制作会社関東ダイイチへメールする



ホームページ運営の基礎|さいたま・川口の低価格なホームページ制作会社
TOPダイイチウェブニュース>HTML・CSSの基礎

ホームページの仕組み
ホームページは、プログラミング言語から作られています。
Webサイト、もしくはそのトップページ。サイトのトップではない Webページをホームページと呼ぶこともある。
また、 Webブラウザを起動したとき最初に表示されるページ。
当初は、ブラウザ起動時に最初に表示されるページの意味だったが、転じてWebサイトのトップページのことを意味するようになり、さらに、Webサイト・Webページの同義語として用いられるようになった。
現在では、ブラウザ起動時表示ページは「スタートページ」と呼ぶのが一般的で、「ホームページ」をこの意味で用いられることはほとんどなくなった。
初期の名残として、Webブラウザのメニューや設定に「ホーム」「ホームページ」という項目が残っている。


出典:IT用語辞典



HTML

ホームページのほとんどが”HTML”で作られています。
HTMLとは、「Hyper Text Markup Language」の略になります。

基本構造
①HTML 
②head 
③title 
④body


HTMLのタグ

基本的なタグ
<!DOCTYPE html>
<html lang=”ja”>
<head>
<meta charset=”UTF-8″/>
<title>関東ダイイチのページ</title>
<meta name=”description” content=”関東ダイイチのページ説明部分”/>
(中略)
</head>
<body>
(中略)
</body>
</html>


<!DOCTYPE html>

文書宣言と呼ばれます。
HTMLの文書であることを表します。

<html lang="ja">
日本語でホームページを作っている場合は”ja”になります。
lang=language ja=japanese
<html lang="ja" dir="ltr">
dir属性は、文の方向を表します
ltr=left to right

<head>
文書の情報について指示する内容を入れます。
</head>までの囲われた内容が、文書の情報になります。

<meta charset=”UTF-8”>
文字コードを指定します。
character(キャラクター)は、文字、数字、記号の意味。
<head>の中に、<title>より前に書きます。
HTML5からは、文字エンコーディングはUTF-8が推奨されています 。
これを設定しないと、文字化けが起こります。

<title>
ホームページのタイトル。
タブに表示されるタイトルです。

<meta name=”description” content=”関東ダイイチのページ説明部分”/>
descriptionは、ホームページの説明という意味で、
contentの中にその説明内容をいれます。
内容はSEO対策としても重要な役割を果たします。

<body>
実際にブラウザに表示される文書の本体を記述します。



CSS


CSSとは、「Cascarding Style Sheets」の略です。
HTMLと組み合わせて使えます。
デザイン設定のようなイメージです。
CSS内で、さまざまな設定を書いておき、
HTMLで使いたい時に、呼び出します。


関連ニュース
jqueryとは
jquery商品スライダーの設置方法
CSSで透明度設定
SEOの意味・用語
ホームページ運営の基礎
Googleアナリティクスとは




ホームページ制作の料金|川口WEB会社HP制作の製作実績|川口のホームページ制作会社HP制作会社の関東ダイイチ|会社案内ウェブ制作のさいたま|関東ダイイチ|問い合わせ
Copyright © 2014 web no daiichi All Rights Reserved.  
>TOP >ホームページの必要性 >料金
>ご注文から公開まで >お問い合わせ >制作実績
>会社案内 >ダイイチニュース  >リンク
ホームページ制作|埼玉県川口市西川口2-10-1
川口・さいたまのWEB制作